2017年12月8日金曜日

浅間神社後ろの稲毛公園の松の荒い根

初詣に毎年行っている稲毛浅間神社の裏に稲毛公園があります。
12月に入って近くの銀行のカレンダーを貰い歩きました。
と言っても3行です。稲毛駅前の信用金庫に行った帰りに何か被写体は
無いかと浅間神社に寄り散策しました。カメラマンですから。



裏に回ると何と沢山の松ノ木が有りその根っこが沢山浮き出しています。
私は始めて知ったんですが、家のものは知っていました。
カメラマンと言っても、せっせと写真販売サイトにデジタルデーターを
投稿し売れるのを待っているだけですが。

浅間神社裏の稲毛公園の松
写真販売陳列の現状
鳥の写真に新年の挨拶を
カワセミ
浅間神社で初詣

2017年11月2日木曜日

千葉公園の渡り鳥

起:千葉公園に冬の渡り鳥が来ているかどうかを知りたく、
免許書の書き換えに必要な、眼鏡の注文の帰りに寄りました。
承:毎年千葉公園の池には潜水鴨のキンクロハジロとホシハジロが
来ています。今年は未だキンクロハジロしか来ていません。
転千葉公園の池は深いので、潜ってえさの取れないオナガガモや
ヒドリガモは来ません。なぜかコガモを見かけたことはあります。
結:今日はキンクロハジロしか見られませんでしたけど、もう直ぐ
沢山のホシハジロとホシハジロ見られる冬が来ます。



一寸起承転結の勉強をしてみました。何か間違いがあるようにも思えます。

千葉公園で今見られる鳥
キンクロハジロ
千葉公園のオオガハス
引き出物
ホシハジロ

2017年10月30日月曜日

美浜散歩道:検見川浜から花見川河口

10月24日検見川浜の散歩道を花見川河口へと散歩に行きました。
トベラの植え込みのジョロウグモの巣で珍しい物の写真が、撮れました。
通常女郎蜘蛛のオスはメスに食べられない様巣の隅のほうにいます。
この写真ではメスの隣に来ています。この時期女郎蜘蛛の繁殖期です。



花見川河口にはヒドリガモとハシブトガモ?が来ていました。
一番遅くまで日本にいるコガモは未だ来ていません。
年賀状に使えそうなダイサギの飛び上がる写真も撮れました。

10月24日検見川から花見川河口
花見川河口から稲毛海浜公園
ひたち海浜公園10月
こじま花の会10月作業
ハマヒルガオ蘇れプロジェクト

2017年10月5日木曜日

稲毛海岸に水鳥沢山

今日10月5日稲毛海岸に行ったら、水鳥の大群です。
ボラの稚魚を目指して沢山沢山集まっていました。



鳥の名前は分かりません。ウミネコは分かるのですが、
黒い鳥の名前が分かりません。今調べています。分かった時点で
ホームページに記入します。

稲毛海岸に集まった海鳥
静岡からの東海道線各駅停車;富士を見る
稲毛海岸東京よりの状況
9月23日ひたち海浜公園

2017年9月10日日曜日

久しぶりの昭和の森

久しぶりに千葉市のはずれの昭和の森へ行ってきました。
昭和の森へは3年前まで15年くらい自然観察で毎月1回以上
通っていました。車で25キロのドライブです。
1年ぶり位のドライブです。



去年も9月に行っているので、ホームページを作ると同じような
写真も有ります。トチの実3ヶの写真ですがブログに使って見て
もっと沢山の写真を撮ってくれば良かったと思っています。

17年9月の昭和の森
昭和の森の樹木の実
16年9月のTOP
トチの木

2017年8月20日日曜日

稲毛海岸コアジサシ情報8月20日

8月20日稲毛海岸にコアジサシが来ました。
今日散歩の時間が干潮の時間だったので多くの海水浴客に驚いて
ブイの上に降りないのかもしれません。潮が満ちて海水浴客の声が
遠のくとブイの上に降りてくるのかもしれませんが、確認していません。



この写真の上のほうに小さく黒く見えるのがコアジサシです。
この次は連写で撮ればもっと綺麗な写真が撮れると思います。

稲毛海岸8月20日日曜日コアジサシ来ました
検見川浜のコアジサシ繁殖区域の状況
稲毛海岸東京よりの状況
7月21日稲毛海岸のコアジサシ

2017年8月10日木曜日

美浜散歩道:稲毛海岸コアジサシ情報

お盆が近づいているのにコアジサシの姿が有りません。
8月4日6日と稲毛海岸に散歩に来ています。
もう10日になるのに1羽も来ていないとは淋しい物です。



今年は稲毛海岸に集合しないのでしょうか?
昨日今年一番の暑さでした。稲毛海浜公園の池にアミの仲間が真っ赤に
うだって死んでいました。日曜日は稲毛海岸の後検見川にも行っています。
海に遊びに来た人で一杯で
コアジサシが来ている状況ではありませんでした。

稲毛海岸8月10日コアジサシ来ていない
稲毛海岸7月31日;動画あり
お線香各種
16年稲毛海岸のコアジサシ